……………………………………………………………………………………………………………………………………



現役美容師すみすみです


昨日は仕事終わりに久々に映画を観てきました♡
一人で映画館に映画を観に行くこと、一人でDVDをひたすら観ることが自分にとって最高のストレス発散法です。
最近それができてなかったので久々に行ってきた訳ですけれども、やっぱり映画無しでは私の人生は成立しないなーと思ったぐらいに映画熱が再上昇しました♡彼氏がいるのと同じぐらい心が満たされる…笑




IMG_9260
昨日は『グランド・ブダペスト・ホテル』という映画を観ました。
↑公式サイト、めちゃかわ。


いやーこれ程高級な映画ってあるのでしょうか。
今まで色んな映画を観てきましたが、高級感を感じる映画ってこの監督の作品が初めてかもしれない。


この作品はウェス・アンダーソン監督が作ったものなのですが、この監督が作る映画はどんな細かいところも一切!全く!0%!妥協している部分がないんです。
脚本とか画の撮り方とかそういう部分の詳しいことはわからないのですが、舞台装置とか衣装とかセッティングの仕方とか目でパッと見てわかる部分において、彼の世界観が200%完璧に表現されています。


IMG_6930
確かに出演している俳優は名の知れた俳優ばかりの豪華共演。
ですが、ただのスター寄せ集め映画におさめないのが、ウェス・アンダーソン監督のすごいところ。
なぜなら脇役までもが「どこでそんな人見つけてきたんだ!?」ってぐらい世界観にマッチする配役。特に男の子の配役がぴったりすぎてもう…!
なので、有名俳優たちだけが目立ってるという風にもならず、むしろスターもまだ名の知れない俳優もみーんな同じ位置にいるんですね。それも完全に自然体で。

監督の前作品、『ムーンライズ・キングダム』もそうでした。
主人公はまだ有名ではない男の子でしたが、彼がぴったりすぎて、共演しているブルース・ウィリスなんて見事にふっつーのほんとふっつーの警察官になってました。それがまた素敵でした♡




前の記事に共通することかもしれませんが、この監督の様に「自分の好き!!」を妥協しないことってすごく大切なことなんだなーと思いました。
例えば服を買う時なんかも、この形のワンピースが欲しいんだけど、ちょっと高いから生地は安っぽいけど似た形のこっちのワンピースにするか…とかはよくあると思うんです。私もよくあります。
だけど自分のお財布事情に合わない、無理した高い服を買っても破産するだけですよね…。
でもどうしてもここだけは譲れない!ってものを持っていると、この服買う為に頑張って仕事しようとか節約しようとかって、別の部分で頑張ろうって思えますよね♪服に限らず欲しい物や事を手に入れるなら多少辛くても…!


そういう積み重ねが、自分の世界観を作っていき、お金をかけるかけないは別とした、「こだわりぬいた先にある高級感やプレミアム感」というものが生まれるんだなーと昨日の映画を観て改めて感じました。




パッと見の画は女の子が好きそうな感じですが、実際に観てみると男の子もハマると思います。
笑えるところも沢山あるので、カップルでも、友達同士でも、家族でも、そして一人でもおすすめの映画です!
いろーんなことを吸収できるはず♡



……………………………………………………………………………………………………………………………………